OPALは先進的なロジスティクスでお客様の物流部門を高付加価値化します

お客様の販売チャネル、並びに生産から販売までのプロセスにおける商流全般の SCM機能への対応として、他社よりも遥かに充実しており、 更なる改善を継続することが出来るのはOPAL以外ないものと思っております。

ロジスティクス(戦略物流)は今や企業戦略の基軸です。
OPALは原料調達から消費者への商品提供までの一連の流れを最適化する「サプライチェーンマネジメント:SCM」の視点から、クライアント企業の経営に直結したロジスティクスを推進します。

3PL(サードパーティ ロジスティクス)サービスでは、売上計画・生産計画などの経営コア情報をクライアントと共有させて頂き、物流業務を一括受託(オペレーション管理・運営までOPALが責任を持つ)することで、物流効率化を提供致します。

BPR(Business Process Re-engineering) とは業務プロセスの改革です。

標準業務基準の設定・あるべき姿を明確化し共通認識したうえで、“業務プロセス(コスト)の最適化”という視点から、分析・業務プロセスの改築までを提供致します。

 物流業務の改善改革を考えたい…

  • ・本当に必要な業務なのか?
  • ・業務マニュアルを整備したい
  • ・作業に時間がかかり過ぎている
  • ・生産性に疑問がある
  • ・売り上げ拡大に向けたノウハウが欲しい

 

物流コストを見直したい

  • ・コスト分析ができないか
  • ・人員の配置が適正に行われていない
  • ・スペースの使い方に無駄がありそう
  • ・人件費にかかわる部分を見直したい
  • ・配送費、資材費などの間接経費が高い

 

 運送コストの圧縮、倉庫内作業の標準化などにより物流コストの削減を図る直近の収益改善につなげるご提案、また汎用性だけではなく、拡張性も重視し中期計画など経営計画に対する売り上げ拡大に向けた対策にも貢献できる業務プロセス創りを致します。
お客様の声にこたえるため、コンサルティング、物流業務相談の他にも、コンペティションへの参加もしております。
ヒアリングを含めて、いただきました情報を基にコンペティション資料を作成し、コンペティション担当者の皆様に限らず、経営者への説明も行います。
 

一口に物流サービスと言っても、様々な対応方法があります。
OPALはその方法の中でお客様のニーズに合った対応を行います。
お客様の商品に異物混入を防ぐために、各危険物並びに備品に対する管理を厳しく行っております。

OPALのサプライチェーン物流サービス

生産後の商品に対し、商品検査、プレス、ブランドタグ付け、検針などの加工場を併設しあらゆるニーズに対応できる流通加工サービスを提供いたします。

お客様からお預かりした物流の効率化を行い、コスト削減と売上拡大に向けた対応を行うため、物流システムのWMS(ウエアーハウスマネージメントシステム)との連携を推奨しております。

OPAL導入推奨システム

アパレルに特化した物流で長年培ったOPALのノウハウと、大手システム会社と連携して作り上げた(クラウド+カスタマイズ)、WMS(iwms x5)


日本初のクラウド型WMSとしてパッケージソフトのロジザード。
物流業務の効率化を目指して日々進化させ、EC業務含めて様々な場面で対応が可能。


現場での継続的業務改善、要望に応じシステム側も調整を重ね、今日の現場運営力を維持。


通販特化型のクラウド在庫管理システム。受注オーダーの取り込みから出荷指示をクラウドで完結。在庫数量もリアルタイムで確認可能。低料金で導入可能。


上記 4の他にも、導入実績のあるWMSもありますので、お気軽にご相談ください。

OPAL物流センター内において、商品撮影用スタジオを完備しております。EC業務における、「さ(撮影) さ(採寸) げ(原稿) 業務含む」商品撮影、サンプル商品撮影、スワッチ作成用商品撮影などの対応が可能です。

・お客様のご要望にお応えすべく柔軟な対応が出来る準備をしております。
・会社の売り上げにも影響する商品写真を、高品質・高画質で提供いたします。
・ワンストップ物流だからこそできるリードタイムの短縮です。
・撮影業務のみもお受けしております。
・EC物流と連携が可能です。
・スタジオレンタルもご相談ください。

 
OPALの紹介