OPALは先進的なロジスティクスでお客様の物流部門を高付加価値化します

代表挨拶

 
皆様のおかげをもちまして、OPALも10期目を迎えることができました。これもひとえに、お客様の日頃のご支援の賜物と感謝いたしております。
 社名の通り、今後も、従来の枠を超え、スピードと精度の高い物流を推進し、かつコンサルティング機能を備えたクリエイティブな物流企業(Outstanding Platform for Advanced Logistics)として、さらなる飛躍を目指して進んでいきたいと思っております。
 物流の世界は、今、大きく変化しようとしております。商流のB to C化に伴う物流の変革、AI・IOT・ロボテックスといった技術・ECの大変化等々に、迅速に対応しながら、業界に渦巻く「安かろう、悪かろう」といった悪弊を排除し、独自の世界を作っていく気概で、次の時代の物流を担う、社員の人材育成にも全力を注いでおります。   
 また、社員が過去から培ってきた物流ノウハウ・加工技術等を活用し、IT時代の先端を行くECと物流のコラボにも果敢に挑戦し、総合物流企業として脱皮していく所存です。
 さらに、全社をあげ、OPALの創業精神を活かしながら、お客様が求めている、ニーズ・ウォンツを丁寧にくみ取りながら、お客様と一緒に理想の物流を作り上げていきたいと思っております。
 今後とも、皆様にOPALをお引き立て頂き、さらに社会のためになる高品質な物流を作り上げていく所存です。

株式会社OPAL
代表取締役

HOME > 企業情報 > 代表挨拶